>

好みの味かどうかを確認しよう

商品説明欄

実際に食べたことのない食品が好みと合っているかどうかを判断するのは難しいですが、手がかりはあります。
各商品ページには魅力を伝えるための説明が書かれています。
どんな材料を使い、どんな風に作られているのかなどを参考にしましょう。

例えば、あまり甘ったるいお菓子は好きでない時、商品説明欄に「甘さは控えめ」という説明があれば好みの味に近い可能性があり、もしくは黒糖やブラウンシュガーなど、ミネラルの多い砂糖を使っているなどがあれば、優しい甘さのお菓子かもしれません。

あまりしょっぱいものを購入したくない時でも、例えば、「お肉の味にこだわっている」と書かれている商品の方が、濃厚なソースを絡めて食べるようになっている商品よりもあっさりと食べられそうですよね。

みんなのレビューは?

商品には購入者の感想が載っていることも多いです。
味について「美味しい!」としかない場合もありますが、「少し甘かった」「塩気がちょうどいい」「何個でも食べられそう」「思っていたより量が多い」といった食べた時の感想は参考にしやすいです。
味の好みはどうしても主観的になりやすいですが、客観的になるべくなる様に書いている人もいます。
また、「子どもが喜んで食べた」「お酒にあう」「ご飯にあう」なども味を推察するキーワードになるのではないでしょうか。

気になる商品があれば、写真や商品のキャッチコピーをみて、すぐに購入せずに、購入者からのレビューもじっくりと参考にして選ぶと、たくさんある商品の中からよりあなたの好みに近いものを探せます。


この記事をシェアする